To 映画 みんなの映画フレックス  (ポータル)

  映画ニュース&ゴシップ

 
  日本の俳優・女優名鑑
 
日本の俳優名鑑はこちら
日本の俳優名鑑
日本の女優名鑑はこちら
日本の女優名鑑
 
  海外の俳優・女優名鑑
 
海外の俳優名鑑はこちら
海外の俳優名鑑
海外の女優名鑑はこちら
海外の女優名鑑
 
  映画のキーワード
 

 映画

 
  ならび頁キーワード

 
  映画館情報 (各都道府県)
 
[北海道地方] 北海道 

[東北地方] 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 

[関東地方] 茨城県 栃木県 群馬県 千葉県 埼玉県 東京都 神奈川県 

[中部地方] 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 

[近畿地方] 滋賀県 京都府 大阪府 三重県 奈良県 和歌山県 兵庫県 

[中国地方] 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 

[四国地方] 香川県 徳島県 愛媛県 高知県 

[九州地方] 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 宮崎県 熊本県 鹿児島県 沖縄県 
 

※当サイトは、映画ファンである著者の気ままな視点で執筆されています(リンクフリー)。引用はアドレスURLによる。

 
 
フランス政府主催、2016年のカンヌ国際映画祭が開催される!フランス・カンヌより。イギリスのケン・ローチ監督作「I, Daniel Blake」がカンヌ最高賞パルムドールを受賞。
 

 




イギリスのケン・ローチ監督作「I, Daniel Blake」がカンヌ最高賞パルムドールを受賞。 Copyright カンヌ国際映画祭公式サイト

今年も2016年5月、フランスはコートダジュールにて、世界三大国際映画祭の1つである「カンヌ国際映画祭」が開催された。この世界で最も有名な国際映画祭の1つであるカンヌ国際映画祭は、例年、フランス共和国政府が主催し、フランス南部コートダジュール沿いの都市カンヌが会場となる。

世界三大映画祭は、カンヌ国際映画祭のほかに2月のベルリン国際映画祭、8月のヴェネツィア国際映画祭などがあるが、世界三大マーケットの映画国際見本市が同時に開催されるのはカンヌだけで、映画制作者や俳優・女優、配給会社が新作映画をプロモーションする。よって世界中のマスメディアが注目するのだ。

最高賞は「パルム・ドール」と呼ばれ、ノミネートされた映画作品から選出される。審査員は著名な映画人や文化人である。

カンヌ国際映画祭は、1946年の終戦後から正式に開催されている。もともとは戦時中にヴェネツィア国際映画祭の開催がファシストなどの影響により困難になったためにフランス政府が企画したもの。

では、今年のカンヌ国際映画祭の受賞作品について見てみよう。

今年、第69回カンヌ国際映画祭のパルムドール最高賞は、イギリスの巨匠ケン・ローチが貧困について描いた作品「I, Daniel Blake」に授与された。ケン・ローチ監督は「Sweet Sixteen」、「麦の穂をゆらす風」、「エリックを探して」、「天使の分け前」などの作品で知られる。

今回のパルムドール受賞作の「I, Daniel Blake」は、イギリスの貧困問題をテーマにしている。59歳のダニエル・ブレイクは心臓発作が原因で、本業の大工の仕事が続けられなくなる。行政に失業手当を申請するも振り回されて生き方を見失っていく。そんなダニエルに若きシングル・マザーのケイティが手を差し伸べるが、その実情は、イギリスの貧困とその問題点を指摘する。近年のイギリスでは社会保障費の削減のため、本来、給付受給の必要な人たちまで壮絶な貧困の苦しみに追い込まれていると言うのだ。しかし貧困によって、人として尊厳を失うとはどんなことなのか、観客の心をつかむ強烈な表現シーンとともに鋭いメッセージを送っている。

なお、「I, Daniel Blake」は2017年に日本公開予定だ。







ケン・ローチ監督作「I, Daniel Blake」より Copyright I, Daniel Blake

【コンペティション部門受賞】

・パルムドール(最高賞) 「アイ・ダニエル・ブレイク(原題)」
・グランプリ 「イッツ・オンリー・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」
・監督賞 オリヴィエ・アサイヤス「パーソナル・ショッパー(原題)」
・監督賞 クリスティアン・ムンジウ「バカロレア(原題)」
・男優賞 シャハブ・ホセイニ「ザ・セールスマン(原題)」
・女優賞 ジャクリン・ホセ「マ・ローザ(原題)」
・脚本賞 アスガー・ファルハディ「ザ・セールスマン(原題)」
・審査員賞 「アメリカン・ハニー(原題)」
・カメラドール(新人監督賞) Houda Benyamina「ディバインズ(原題)」
・短編コンペティション 「タイムコード(原題)」
・名誉パルムドール ジャン・ピエール・レオ

【ある視点部門受賞】

・グランプリ ザ・ハピエスト・デイ・イン・ザ・ライフ・オブ・オリ・マキ
・審査員賞 淵に立つ
・監督賞 キャプテン・ファンタスティック(原題)
・脚本賞 ザ・ストップオーバー
・特別賞 レッドタートル ある島の物語

また日本からは、「ある視点部門」に深田晃司・監督作「淵に立つ」、是枝裕和・監督作「海よりもまだ深く」の2作品がノミネート。「淵に立つ」が審査員賞を受賞した。

 

 
みんなの映画フレックス みんなの映画作品への評論と感想

みんなの映画フレックス みんなの映画作品への評論と感想はこちら!

 
みんなの映画フレックス みんなの映画チャットBBS(新設)
みんなの映画フレックス みんなの映画チャットBBSはこちら!(新設)
 

Yahoo! JAPAN

 
  リンク
 

Yahoo!

Facebook

Twitter

 

MSN

Google

YouTube

 
  日付・カレンダー
 
 
 

* Javascript表示 

 
  バックナンバー

 
  これから上映の映画作品

 

Copyright 2016 みんなの映画フレックス